アドレノクロム

アドレノクロム

全米が震撼した連続猟奇殺人軍団
〈ヴェニスビーチ・ギャング〉の
正体とは?

政治、経済、芸能…、世界の闇に蠢く黒い噂と陰謀論とともに語られる“アドレノクロム”。 アドレナリンの酸化によって形成されるその化合物は、強烈な麻薬効果や若返り効果があると信じられている。 抽出には幼い子どもが誘拐や人身売買の犠牲となり、その流通には秘密結社や悪魔崇拝者が絡んでいるという噂も絶えず、〈悪魔の薬〉とまでいわれている。

奴らは殺した人間の内蔵や血液で
究極のドラッグ 〈アドレノクロム〉
を作り続けていた…

ハリウッドの新鋭映像作家トレヴァー・シムズが長編監督デビューを飾り、自ら主演する映画 『アドレノクロム』は、“アドレノクロム”の危険な都市伝説に挑むとともに最新の特殊視覚効果を駆使してドラッグでハイになった幻覚状態をスクリーン上に再現、観客に〈悪魔の薬〉を体感させる禁断のドラッグハイ・ムービーだ。 同時に本作は、イラク帰還兵の主人公がトラウマに苦悩し、幻覚に悩まされるスリリングなミステリー・サスペンスであり、猟奇殺人鬼集団の恐怖を描くバイオレンス・ホラーであり、グラマラスなビキニの美女たちが画面を彩るセクシーなビーチ・ムービーであり、クライマックスには主人公がランボーばりの激闘を繰り広げるバトル・リベンジ・アクションとなる映画の常識を覆す驚愕のスーパーエンタテインメントとなっている。DROPロシア国際ホラー映画祭では最優秀作品賞に輝いたこの衝撃作がついに日本に上陸する!

ページトップへ戻る